MAKERS UNIVERSITY

HOMEMAKERSな人々メーカーズサポーター

MAKERS SUPPORTER
メーカーズサポーター

メンターやボードメンター以外にも分野領域を超えて、様々な起業家・イノベーター、プロフェッショナルがMAKERS生の活躍を応援しています。

佐俣 アンリ 氏

佐俣 アンリ 氏

ANRI General Partner
1984年生まれ。 WEB

慶應義塾大学経済学部卒業後リクルートに入社、EastVenturesを経て2012年にANRIを設立。独立系ベンチャーキャピタルとして90社に投資実行。シードファンドとして日本最大規模となる80億円のファンドを運営中。
主な投資支援先としてRaksul、hey、UUUM、Mirrativ、SmartDrive、CrowdWorks、mamariがある。

吉田 浩一郎 氏

吉田 浩一郎 氏

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO
新経済連盟 理事 WEB

1974年兵庫県神戸市生まれ。パイオニア、リードエグジビションジャパンなどを経て、ドリコム執行役員として東証マザーズ上場を経験した後に独立。事業を拡大する中で、ITを活用した時間や場所にこだわらない働き方に着目、2011年11月に株式会社クラウドワークスを創業。翌年3月に日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』を開始、「働くを通して人々に笑顔を」をミッションとして事業を展開。2014年12月東証マザーズ上場。2018年8月現在、提供サービスのユーザーは203万人、クライアント数は上場企業をはじめとして27万社にのぼる。
2015年には、経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」審査委員会特別賞(ワークスタイ
ル革新賞)を受賞、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞受賞。2016年には、一般社団
法人新経済連盟理事に就任。

上田 祐司 氏

上田 祐司 氏

株式会社ガイアックス 代表執行役社長

1974年大阪府生まれ、1997年同志社大学経済学部卒業。大学卒業後は起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。一年半後、24歳で起業。30歳で上場を果たす。ガイアックスでは、「人と人をつなげる」のミッションの実現のため、これまでのソーシャルメディア事業に加え、シェアリングエコノミー事業や関連する企業への投資を強化している。
社団法人シェアリングエコノミー協会の代表理事を務める。

進藤 均 氏

進藤 均 氏

株式会社ゼネラルパートナーズ 創業者・代表取締役社長

1972年東京生まれ。1995年立教大学社会学部卒業。メーカー、人材サービスを経て、2003年、民間初となる障害者雇用支援の株式会社ゼネラルパートナーズを創業。幼少・学生時代より起業家を目指すが、単に売上や規模を目指す企業体ではなく、社会問題解決を目的とした新しい企業体が必要になると、当時モデルがなかったソーシャルビジネスの起業を決意。障害者である妹を取り巻く差別問題に着手。「社会側が障害者を知らない」を問題と定め、「一緒に働く」ことで解決を目指すため、障害者雇用に特化した人材サービス事業を開始。5,000社の企業に8,000人以上の雇用を実現させる。15年間で人材紹介事業、転職サイト事業を中心に、企業向け研修、障害別職業トレーニング、農業による社会復帰事業(しいたけ生産)、総合研究所など、業界初の事業・サービスを開発、運営(20事業以上)。0から1を創造することで業界を育て、牽引している。

2017年、社会問題解決を広げるため、「社会起業家を100人輩出する」というビジョンを発信。LGBT・うつ・シングルマザー・地域創生等、新たな事業創造と人材育成に取り組んでいる。趣味は「新規事業創造」

高橋 大就 氏

高橋 大就 氏

一般社団法人「東の食の会」 事務局代表
オイシックスドット大地株式会社 執行役員海外事業部長
Oisix Hong Kong Co., Ltd. 董事長(代表)
上海愛宜食食品貿易有限公司 執行董事(代表)

外務省に8年半勤めた後、2008年4月、マッキンゼー・アンド・カンパニーに転職。その後3.11を受けて休職、東北に入る。2011年6月、「一般社団法人東の食の会」発足とともに事務局代表就任。8月、正式にマッキンゼー社を退社しオイシックス株式会社海外事業部長(執行役員)に就任。2015年10月、Oisix Hong Kong Co., Ltd.を設立、董事長(代表取締役)に就任。現在、オイシックス香港の代表を務め、日本の安全安心な食材を海外に販売する事業を展開するのと同時に、東の食の会にて東北の食のプロデュースを行い、「サヴァ缶」や「アカモク」などのヒット商品を生み出している。

松田 悠介 氏

松田 悠介 氏

日本財団 国際フェロー
スタンフォード大学 客員研究員

日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、PWC Japan にて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。退職後、Learning For All を設立し、2015年に独立法人化。2012年にはTeach For Japanを創業し、2016年6月にCEOを退任(現在は代表理事を務める)。2017年7月より日本財団の国際フェローとして、スタンフォードビジネススクールに進学し修士号を取得。2018年7月にスタンフォード大学の客員研究員に着任。
著書に「グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」(ダイヤモンド社)」。

由佐 美加子 氏

由佐 美加子 氏

合同会社CCC(Co-Creation Creators .LLC)パートナー 

幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学修士課程を経て野村総合研究所入社。その後、リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを現パートナーと共に設立。
2015年よりCCCの活動に加えて新しいパラダイムの子育てとその実践の仕方を共有する活動を合同会社ファミリーコンパスを通して展開する
オットー・シャーマー著「U理論」訳者
合同会社ファミリーコンパス パートナー