MAKERS UNIVERSITY

SYLLABUS
シラバス

HOMEシラバス

MAKERS UNIVERSITYのカリキュラムは、1か月間の事前カリキュラム、1か月間の実践準備、
6か月間のイノベーション実践、最後の集大成イベントであるDEMO DAYから構成されています。

全体の流れ

1. 事前カリキュラム(2017年2月5日~2017年3月5日)

事前カリキュラムの風景

全国から集まった塾生と、日本を代表する屈指のイノベーターが集い、本気で学び合う濃密な1か月。3回のBootcamp(強化合宿/1回目:4泊5日のKick-off、2回目:1泊2日のHalfway point(折り返し)、3回目:2泊3日のFinal)と、各チームに分かれて起業家の特命ミッションに挑むプロジェクトワーク、塾生同士が自由に集い語らうMAKERS Barやコワーキングスペースを通じて、未来のイノベーターたちが、それぞれの実践に挑む前の大事な時間と空間を共有します。

(1)Kick-off Bootcamp
2017年2月5日(日)~2月9日(木)/4泊5日
  • 入塾式/ウェルカムパーティー
  • ボードメンターによるオープニングレクチャー&公開メンタリング
  • マインドフルネス&U理論ワークショップ
  • リーンスタートアップ・ワークショップ
  • プロジェクトワーク/ミッション発表&チーム分け

詳細(PDF)

(2)Halfway point Bootcamp
2017年2月18日(土)~2月19日(日)/1泊2日
  • ボードメンターによるレクチャー&公開メンタリング
  • 中間プレゼン&相互チームメンタリング
  • 社会を変える計画をつくるワークショップ
  • 起業家メンターによるプロジェクト・ブラッシュアップ

詳細(PDF)

(3)Final Bootcamp
2017年3月3日(金)~3月5日(日)/2泊3日
  • プロジェクトワーク最終プレゼン
  • 内省ワークショップ
  • 実践計画プランニング
  • ビジョン・事業構想&実践計画プレゼンテーション
  • 出港式

詳細(PDF)

(4)その他のアクティビティ
随時開催
  • コワーキングスペース
  • MAKERSメンター&講師による超実戦ビジネススクール
  • プロジェクト・フェア
  • ゼミ説明会 兼メンター講義

詳細(PDF)

2. 実践準備期間(2017年3月6日~2017年3月末)

実践計画の最終決定や、実践先の起業家との面談・契約、所属するゼミメンターとの選考面談など、4月からの実践に向けた準備を行います。

  • 実践パターンの最終検討(マイプロ・起業/新規事業リーダー/期間限定社長/起業家の右腕)
  • ETIC.コーディネーターと実践パターンおよび実践計画の最終確認
  • (マイプロ・起業以外の塾生は)実践プロジェクト先の起業家との面談&契約
  • 所属を希望するゼミへの志願書提出
  • ゼミメンターとの面談・選考

3. イノベーション実践(2017年4月~最低6か月間)

自分の実力・ステージに応じた4つの実践パターン

6ヶ月間のイノベーション実践では、自分の実力・ステージに応じて、4つの実践パターンで「未来をつくるプロジェクト」に挑みます。どのパターンで挑戦するかは、事前カリキュラムを経た、自身の計画を踏まえ、決定していきます。

1起業家の右腕

起業家の右腕アイコン

MAKERS UNIVERSITYが厳選した創業間もないスタートアップで起業家の右腕として挑むパターンです。イノベイティブなプロダクト・サービスを生み出した起業家のもとで、新規事業開発、資金調達や採用、広報、営業、アライアンスなど、事業をスケールさせていくあらゆる経験(1→10)を積むことが出来ます。優れた起業家の間近で経営を学びながら経験を積みたいメンバーにおススメのパターンです。

2新規事業リーダー

新規事業リーダーアイコン

ボードメンターやMAKERS UNIVERSITYが厳選したイノベーターが構想する革新的な事業アイデアを、みずからが新規事業リーダーとして形にするパターンです。資金やノウハウ、ネットワーク等の必要な経営資源は起業家のものを最大限活用できますが、その他の事業活動はすべて自分がマネジメントしなければならず、より起業家的な動き方が求められます。自身の事業アイデアを持ち込み、既存組織の経営資源を活用しながら事業を形にする「プラン持ち込み型新規事業リーダー」というスタイルも想定しています。

3期間限定社長

期間限定・雇われ社長アイコン

ボードメンターやMAKERS UNIVERSITYが厳選したイノベーターが構想する革新的な事業アイデアを期間限定の社長として形にするパターンです。代表権を持ってあらゆる事業活動を自分の責任においてマネジメントする究極的に起業に近いスタイルです。契約期間後、交渉して完全に独立したオーナー経営者になることも可能です。もちろん、ここで得た経験と資金を糧に起業をするという選択肢が最も有力だと考えています。大学卒業時の選択肢として「起業」か「就職」しかない日本の挑戦スタイルにおいて、イノベーター育成の新たな形としてMAKERS UNIVERSITYとしても注目している新たな挑戦パターンです。

4マイプロジェクト・起業

マイプロジェクト・起業アイコン

所属ゼミの起業家メンターとの面談を経て、上限50万の「プロジェクト奨励金(返済義務のない給付型)」を提供します。その資金も活用しながら、自分の事業やプロジェクトのアイデアを半年間で形にするパターンです。必要に応じて、法人登記(起業)をして、プロダクト・サービス開発に挑みます。既に登記している、プロジェクトベースでやっていたものを事業化させるタイミングのメンバーも想定しています。4つの実践パターンの中で、最も独立性が高い挑戦のスタイルです。

6か月間の実践を支え、未来のMAKERSとしての学びを深める「起業家ゼミ」

起業家ゼミの風景

各テーマ領域において実績を持つ若手起業家やベンチャーキャピタリスト(メンター)が1か月に1回、5人~6人の塾生が集まるゼミを担当、6か月間の実践期間を強力にバックアップします。ゼミはメンター・塾生含め、全員が何かコトを為すために高い目標を掲げて動いている実践者のみが集う場。教える・教わるという関係を超えて、全員が未来を創る存在として、高いレベルの学び合いが生まれる貴重な場になっていくはずです。

INTERNET
「もっとネットにできること」領域 詳細
  • PIXTA 古俣大介ゼミ
  • ANRI 佐俣アンリゼミ
DEVELOPING COUNTRIES
「新しい国際貢献の形」領域 詳細
  • クロスフィールズ 小沼大地ゼミ
  • HASUNA 白木夏子ゼミ(※今年度は特別講義&事業相談会という形で実施します)
LOCAL BUSINESS
「人と地域の可能性を引き出す」領域 詳細
  • Oisix 高橋大就ゼミ
  • エコカレッジ 尾野寛明ゼミ
EDUCATION
「新時代の教育システム」領域 詳細
  • Life is Tech 水野雄介ゼミ
  • Teach for Japan 松田悠介ゼミ
FINTECH
「社会を変えるお金の流れ」領域 詳細
  • アントレプレナーシップ支援財団 黒越誠治ゼミ(起業特別ゼミ兼務)
TECHNOLOGY
「最先端のテクノロジー」領域 詳細
  • リバネス 丸幸弘ゼミ
  • ABBALab 小笠原治ゼミ

ライバル・同志である塾生が集い、切磋琢磨する機会

ラーニング・ジャーニーの風景

1ラーニング・ジャーニー

敢えて都心を離れ、豊かな自然に囲まれた場所をフィールドに、6か月間の実践期間の中で3回、ラーニング・ジャーニーを行います。日々の忙しい活動からいったん足を止めて、改めて自己と向き合い、未来に向けた、次なる目標を問い直す貴重な機会になります。

  • Kickoffジャーニー(5月下旬/1泊2日@長野)
  • Halfway pointジャーニー(8月下旬/1泊2日@長野)
  • Finalジャーニー(12月上旬/1泊2日@鎌倉)

MAKERS Barの風景

2MAKERS Bar

MAKERS Barは、MAKERS生しか入ることが出来ない会員制のBarです。月に2回、ETIC.の渋谷オフィスがBarに変身します。久しぶりに会った仲間と、近況を交わしながら、夢や未来を語り合います。ときにメンターや、大物起業家がふらりと来るときも!?

研究会/勉強会の風景

3研究会/勉強会

同じ関心領域を持つ塾生が集まり、自主的に研究会や勉強会を立ち上げます。それぞれが実践の中で出会った起業家やプロフェッショナルを講師に招いて、業界の最新動向を学んだり、ビジネスモデルを研究したりと、塾生みずからが自由に、学びの場を設計していきます。

事前カリキュラムの風景

4部活/運動会

野球部、ロボット部、プログラミング部など、研究会/勉強会よりもカジュアルな形で、塾生たちが仲間を募り、部活を立ち上げています。また、ゼミのメンターも巻き込んだ「ゼミ対抗・未来のイノベーター運動会」の開催も検討しています。

4. THE DEMO DAY(2017年11月)

DEMO DAYの風景

2017年11月、6か月の実践を経て、各ゼミのメンターから選出された11人の代表メンバーが、エンジェル投資家・メディア・ここに集まるMAKERS生と協働して新しいイノベーションを仕掛けたいスタートアップや行政やNPOなど、総勢500人を前に、「つくりたい未来の姿と事業アイデア」をプレゼンテーションします。

代表メンバーに限らず、全ての塾生にとって、投資やチームメンバーの獲得、事業の最初のファン、協力先の獲得など、「つくりたい未来」の実現に向けて大きく前進する絶好のチャンスとなるはずです。

また、次の時代を担うMAKERS生の挑戦の姿を通じて、MAKERS UNIVERSITYとして、広く社会に、「新時代の生き方・働き方」や「リーダーを育てる高等教育の在り方」を発信していきたいと考えています。

その後のイノベーター人生を応援

対外的には11月THE DEMODAY、内部的には12月のFinalジャーニーをもってカリキュラムはいったん終了しますが、イノベーターとしての登山は始まったばかり。MAKERS UNIVERSITYは、終わりのない学校として、その後も、塾生のチャレンジを応援し続けます。

1ETIC.の創業支援プログラム

それぞれの事業ステージ、事業領域に応じた多様な創業支援プログラムで、その後の事業の進化と、起業家としての成長を支えます。

(1)TOKYO STARTUP GATEWAYWEB

15歳~39歳が対象、400文字の事業アイデアで応募可能。インターネットから、モノづくり、ソーシャルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて、「東京」から世界を変える起業家を輩出するスタートアップコンテスト。

(2)SUSANOO(スサノヲ)WEB

Mistletoe CEO孫泰蔵氏とETIC.がプロデュース。6ヶ月間の高速仮説検証を通じて課題の本質を追求するとともに、革新的な解決方法を見出す、ソーシャルスタートアップのためのアクセラレーションプログラム。

(3)社会起業塾イニシアティブWEB

社会を変える可能性を持ったスタートアップ期の起業家を半年間、ハンズオンで支援する社会起業家の登竜門。先輩起業家によるメンタリング等、事業を加速させるための様々な機会を提供。90名の若き社会起業家を輩出。

2スカウト・コーディネート

MAKERS UNIVERSITYとしては、既存の新卒一括採用に一石を投じたいと思っています。選ばれる・採用されるのではなく、自分の能力と想いを最大限生かせる組織と一緒に社会を変えるチャレンジをする。「就職する」という感覚ではなく、「一緒にやる」「参画する」という感覚。その理念を共有できる組織・起業家とパートナーシップを組み、必要に応じて「参画」に向けたコーディネートをします。

3エンジェル/メンター・マッチング

起業家精神溢れる世の中を創るためには、若い世代の活躍が欠かせないと考える志あるエンジェル投資家やメンターとの出会いをコーディネートします。