MAKERS UNIVERSITY

HOMEテーマ領域EDUCATION 新時代の教育システム

テーマ領域
04

EDUCATION
新時代の教育システム

人類の可能性を最大限に引き出す
22世紀型の「学びの姿」を創造する

この国や世界の未来、そして次の世代を生きる子供たちの未来は、「教育の在り方」によって決まります。22世紀の人類が可能性と希望に満ち溢れたものであるために、「教育」「学び」の新たな形を創造します。

このテーマ領域が注目するキーワード

公教育改革EdTech地域社会と教育創造性教育テクノロジー教育自然体験AIと教育教師育成アダプティヴ・ラーニングアントレプレナーシップ教育教育格差の是正産学官連携

Board Mentor

この領域のフロンティアを切り拓いてきた屈指のイノベーターが、次世代のイノベーションを担う塾生に向けて、ここだけでしか語らない「特別講義」を実施します。イノベーション実践では、ボードメンターが企む、未発表の最先端プロジェクトに参画できる可能性もあります。

藤原 和博 氏

藤原 和博 氏

教育改革実践家/奈良市立一条高等学校校長

民間から初の公立中学校長に就任。公教育改革のフロンティアランナー。

1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。現在は全国的に「よのなか科」の授業手法やマネジメントを教える「校長先生たちの校長」の役割を担う。著書に『人生の教科書[よのなかのルール]』『ビミョーな未来をどう生きるか』などがある。

メッセージ
私自身はリクルートでの四半世紀に渡るビジネス経験の上に中学校での5年間の校長体験を積み重ねて「教育改革実践家」としての道を拓きました。無責任に批判するだけの評論家ではないところが誇りです。しかしいっぽうで、学生時代にバングラデッシュでの「ドラゴン桜」プロジェクト(「受験サプリ」のようなビデオ教材で地方の高校生を動機づけ、不可能と言われたダッカ大学への合格者を多数出すこと)に成功した税所篤快くんや、その税所くんが失敗したルワンダでビデオ学習システムをつくり米国起業家集団の親玉・ピーター・ティールに絶賛された和田中出身の牧浦土雅くんなど、若いパワーのストレートなチャレンジも歓迎します。

Mentor

各テーマ領域において実績を持つ若手起業家やベンチャーキャピタリストが1か月に1回、5人~6人の塾生が集まる少数精鋭のゼミを担当、6か月間の実践期間を強力にバックアップします。塾生・メンター全員が未来を創る存在として、高いレベルの学び合いが生まれる貴重な場になっていくはずです。

水野 雄介 氏

水野 雄介 氏

ライフイズテック株式会社 代表取締役 WEB

日本からデジタル領域の世界的トッププレイヤーを育成する私塾を創る。

1982年生まれ。慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。同大学院在学中に、開成高等学校物理非常勤講師を2年間勤める。卒業後、人材系コンサルティング会社に入社。教育変革を掲げ、退社後、2010年7月、ピスチャー株式会社(現ライフイズテック株式会社)設立。シリコンバレーIT教育法をモチーフとした中高生向けプログラミング・IT教育キャンプ/スクール「Life is Tech!」を立ち上げる。現在延べ13000名の中高生がLife is Tech !に参加。ITドラフト会議やLife is Tech! STARS★など、事業は多岐にわたる。2014年、世界中でコンピュータサイエンスやICT教育の普及に貢献している組織に与えられるGoogle RISE Awards2014を東アジア初受賞。著書に、「ヒーローのように働く7つの法則(角川書店)」。

メッセージ
8か月間、しっかり時間を使ってやるわけなので、人生をぶつけていく位の気持ちでやろう。でも、ここで上手くいけばすごく早い段階で他の人には得られない経験とか、高い視点というのを持てると思う。せっかくやるんだったら本気で、一緒に社会をよくするものをやっていければなと思う。ゼミでは、MAKERS生の中でも一番成功するやつが生まれるような場にしたいと思ってます。
松田 悠介 氏

松田 悠介 氏

認定特定非営利活動法人Teach For Japan CEO & Founder WEB

Teach for America創始者ウェンディコップが認めた
教育業界のイノベーター。

2006年 日本大学文理学部体育学科卒業、2006-2008年 体育科教師として都内の中高一貫校に勤務。2008年 千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官、2008-2009年 ハーバード大学 教育大学院修士課程(教育リーダーシップ専攻)卒業、修士号を取得。2009-2010年PricewaterhouseCoopers にて人材戦略に従事し、2010年9月よりTeach For Japan (旧Learning for All) の創設代表者として現在に至る。世界経済会議(ダボス会議) Global Shapers Communityメンバー。経済産業省「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査委員会」委員。著書に「グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」(ダイヤモンド社)」。

メッセージ
私は教育の仕事に携わっているので、個性にあった形で環境をつくることが、すごく重要だと思っています。そういう意味では、ゼミでは、1つ1つの素敵なポテンシャルとか個性を、徹底的に応援する。それを伸ばすということは私にはできないので、徹底的に応援するということを通して、皆さんが自分の価値を再発見していったり、強めていったり、逆に言うと足りないものも補っていったりとか、そういうことに繋がっていく場に出来ればと思っています。