MAKERS UNIVERSITY

HOMEテーマ領域INTERNET もっとネットにできること

テーマ領域
01

INTERNET
もっとネットにできること

人々の日常や世の中を豊かにする
インターネットビジネスを創造する

日本ならではのカルチャーから生まれたインターネットビジネスは、きっと世界のインターネットの在り方をリードする存在になるはずです。人々を幸せにできるインターネットを追求し、世界的なスケールで活躍できるインターネットビジネスを創造します。

Board Mentor

この領域のフロンティアを切り拓いてきた屈指のイノベーターが、次世代のイノベーションを担うMAKERS生に向けて、ここだけでしか語らない「特別講義」を実施します。

南場 智子 氏

南場 智子 氏

株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役会長 WEB

予防医療、公教育改革、自動運転ロボットタクシー、
ITを武器に次々と課題解決に挑む日本を代表するアントレプレナー。

1986年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。1990年、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得し、1996年、マッキンゼーでパートナー(役員)に就任。1999年に同社を退社して株式会社ディー・エヌ・エーを設立、代表取締役社長に就任。2011年に代表取締役社長を退任。取締役を経て、2015年6月、取締役会長に就任。2017年3月、代表取締役会長に就任(現任)。

森川 亮 氏

森川 亮 氏

C Channel株式会社 代表取締役社長 WEB

LINEを世界的なサービスに育てたプロデューサー。
スマホ・動画を切り口に、日本初の世界に通用するメディア作りに挑む。

1989年筑波大学卒、日本テレビ放送網入社。1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後ソニーに入社。2003年、ハンゲームジャパンに入社、取締役を経て、2006年10月、取締役副社長に就任。2007年10月、NHN Japan(ハンゲームジャパンより商号変更)社長に就任。同年11月、ネイバージャパン設立に伴い、ネイバージャパン社長を兼務。2013年4月、NHN Japanの商号変更により、LINE社長に就任。2015年3月、同社社長を退任。同年4月、C Channel社長に就任。

鉢嶺 登 氏

鉢嶺 登 氏

株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長 WEB
一般社団法人 新経済連盟 理事
公益社団法人 経済同友会 幹事

1967年千葉県出身。1991年早稲田大学商学部卒。森ビル㈱勤務の後、米国で急成長しているダイレクトマーケティング業を日本で展開するため、1994年㈱オプト(現:㈱デジタルホールディングス)設立。2004年、JASDAQに上場。2013年、東証一部へ市場変更し、現職。eマーケティング支援にとどまらず、未来のデジタル事業の立上げやベンチャー企業の投資育成にも努め、グループ全体で未来の新事業創造に挑戦している。また、デジタル産業革命の中で、「デジタルシフトカンパニー」に軸足をうつし、㈱デジタルシフト(https://digitalshift.co.jp/)の代表にも就任。2020年7月には社名も「㈱デジタルホールディングス」へ変更、日本の企業、社会全体のデジタルシフトを牽引、支援している。

島田 亨 氏

島田 亨 氏

日本のスタートアップエコシステムを
草創期から支えるレジェンド的エンジェル。

1987年株式会社リクルート入社。1989年株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア㈱)を宇野康秀らと創業。1999年にインテリジェンス退社後、今日に至るまでエンジェル投資家として活動し通算250社強のスタートアップをサポート。その間、2004年~2015年まで、株式会社楽天野球団 代表取締役社長兼オーナー、楽天株式会社代表取締役副社長などを歴任。2017年~2021年は株式会社USEN-NEXT HOLDINGS取締役副社長COO。ほか複数の企業で経営に参加。

Seminar Mentor

各テーマ領域において実績を持つ起業家が1か月に1回、5人~6人の塾生が集まるゼミを担当、3月からのアクセラレーション期間を強力にバックアップします。ゼミはメンター・塾生含め、全員が何かコトを為すために高い目標を掲げて挑んでいる実践者のみが集う場。教える・教わるという関係を超えて、全員が未来を創る存在として、高いレベルの学び合いが生まれる貴重な場になっていきます。

古俣 大介 氏

古俣 大介 氏

ピクスタ株式会社 代表取締役社長 WEB

学生起業、2015年マザーズ上場を果たし、
世界を目指すシリアル・アントレプレナー。

大学在学中に、コーヒー豆のEC販売・古着販売を開始。大学4年次に株式会社ガイアックスに入社。2つの新規事業を立ち上げたあとに子会社の立ち上げに参画、取締役に就任。その後24歳で有限会社万来設立。デザイン・印刷事業、美容健康グッズのEC事業を手がける。その後28歳で株式会社オンボードを設立。写真・動画・イラストなどのデジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」を開始。2015年9月14日に東証マザーズに上場を果たす。
古俣さんがMAKERSで主宰する古俣ゼミの様子はこちらをご覧下さい。
https://makers-u.jp/people/mentor-interview/cross-interview

メッセージ
自分自身、学生時代に個人事業を開始しましたが、もっと早く大きく勝負するべきだったと思っています。
学生で起業し、早く大きく勝負するために必要なものはなにか。まずは自分の人生観に沿い、かつ成長市場での事業選択をおこなう必要があります。加えて創業期の無数のハードシングスを乗り越えるためには、目線を引き上げてくれる先輩起業家と、互いに支え合い刺激しあえる同志の存在が欠かせません。
MAKERS UNIVERSITYにはそれらすべてが揃っています。インターネットで大きく勝負したい方の挑戦をお待ちしています。
成田 修造氏

成田 修造 氏

株式会社クラウドワークス 創業メンバー/取締役 WEB

学生起業→新卒で上場を主導→弱冠25歳で副社長。
働き方をアップデートするイノベーター。

慶應義塾大学経済学部在学中よりアスタミューゼ株式会社に参画。オープンイノベーション支援サービス「astamuse」の事業企画を手掛ける他、大手人材紹介会社との提携事業を立ち上げ、サイトディレクション、Webマーケティングなどを担当。その後、株式会社アトコレを設立し、代表取締役社長に就任。アート作品の解説まとめサイト「atokore」の立ち上げやiPhoneアプリ開発などを行う。2012年より株式会社クラウドワークスに参画、執行役員に就任。
2014年8月、同取締役に就任
2015年4月、同取締役副社長に就任
2020年10月、同取締役 兼 CINOへ就任

Mentor

MAKERS UNIVERSITYの応援団として、そして自らもイノベーションの最前線に挑む起業家・経営者として、様々な形でMAKERS生たちを支え、共に未来を創造していく存在がMAKERSのメンターです。

吉田 浩一郎 氏

吉田 浩一郎 氏

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO WEB
新経済連盟 理事

1974年兵庫県神戸市生まれ。パイオニア、リードエグジビションジャパンなどを経て、ドリコム執行役員として東証マザーズ上場を経験した後に独立。事業を拡大する中で、ITを活用した時間や場所にこだわらない働き方に着目、2011年11月に株式会社クラウドワークスを創業。翌年3月に日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』を開始、「働くを通して人々に笑顔を」をミッションとして事業を展開。2014年12月東証マザーズ上場。2018年8月現在、提供サービスのユーザーは203万人、クライアント数は上場企業をはじめとして27万社にのぼる。
2015年には、経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」審査委員会特別賞(ワークスタイル革新賞)を受賞、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞受賞。2016年には、一般社団法人新経済連盟理事に就任。

メッセージ
MAKERS UNIVERSITYは通常のスタートアップよりも対象分野がかなり幅広いので、私自身、今後の社会の可能性を探る上では非常に良い機会という気がしました。MAKERSの自由な感じが明日を創るイメージ。独自性が高く意義がある取り組みだなと改めて感じました!応援!
上田 祐司 氏

上田 祐司 氏

株式会社ガイアックス 代表執行役社長 WEB

1974年大阪府生まれ、1997年同志社大学経済学部卒業。大学卒業後は起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。一年半後、24歳で起業。30歳で上場を果たす。ガイアックスでは、「人と人をつなげる」のミッションの実現のため、これまでのソーシャルメディア事業に加え、シェアリングエコノミー事業や関連する企業への投資を強化している。
社団法人シェアリングエコノミー協会の代表理事を務める。

メッセージ
MAKERS生が扱う取り組みはビジネスっぽいのもあれば、社会起業っぽいのもあれば、主義主張っぽいのもあれば、アートなものもある。若手世代の当たり前ってこんなのだろうなぁ。
僕らもそうだったのかもだけど、昔は、社会が僕らをビジネスに寄せさせてたんだと思う。
皆さんはそのまま走りきってね!
南 章行 氏

南 章行 氏

株式会社ココナラ 代表取締役会長

1975年生まれ。名古屋市出身。慶応義塾大学を卒業後、1999年住友銀行に入行、企業調査部にてアナリストとして調査・分析に従事。2004年に企業買収ファンドのアドバンテッジパートナーズに入社。5件の投資案件を担当。2009年には英国オックスフォード大学MBAを修了。帰国後、ファンドでの業務の傍ら、NPO法人ブラストビートの設立を主導した他、NPO法人二枚目の名刺の立ち上げにも参加。2011年6月にアドバンテッジパートナーズを退社し、自ら代表として株式会社ウェルセルフ(現株式会社ココナラ)を設立、スキルのマーケットプレイス「ココナラ」を運営。現在同社代表取締役会長。2022年よりベンチャー投資子会社である株式会社ココナラスキルパートナーズの代表取締役に就任。